« 今日の溶接 | トップページ | 今日の溶接 »

2012年5月31日 (木)

理解しろって・・・・

理解しろったって何の説明も受けてないし、そもそも知らないじゃんか!

うちの工場から数百メートルの所だぜ。

瓦礫受け入れの問題以前に知らせる努力をしないのは大きな問題だね。

半田市と併せて問い合わせしなくちゃ!

-----ここから引用-----

特定被災区域からの研究開発用廃瓦等の受け入れについて①

株式会社神清は、平成23 年度震災復興技術イノベーション創出実証研究事に採択され、特定被災区域で発生した廃瓦等を、別用途に転用できる可能性ついて研究開発を行うことになりました。
この研究開発につきましては、放射能を含む危険性のあるがれきを愛知県に持ち込んでしまうのではないかという、ご懸念を持たれることもあるかといます。当社としましては、受け入れを行う場合には、下記の原則に基づい安全性を確認したうえで実施を致します。
研究開発では、おもに茨城県の廃瓦等を対象とします。そして、その廃瓦を粉砕しタイルの原料として再生できるかを調べます。その際、焼却や焼成処理はしません。なお、約1 年間の研究開発期間での予定持ち込み量は1~です。
愛知県内の皆さま、とくに近隣の皆さまには、ご理解を頂きますようお願を申し上げます。

1.持ち込む場合の基準値を確定します。
この研究開発には、(独)産業技術総合研究所中部センターと茨城県業技術センター笠間窯業指導所が参加しています。これらの研究機の指導のもと、受け入れの基準値を確定します。
2.現地で放射線測定を行い、受け入れの可否を決めます。
かならず現地で測定を実施したのちに、受け入れてよいかを判断しす。
3.測定の結果は、公開します。
受け入れの基準値や実際に測定した数値は、HP上で公開し皆さま確認して頂けるようにします。

以上、報告を申し上げます。

平成24 年4 月23 日
株式会社神清

-------ここまで--------

こんな資料おいそれと探しだせんわ~。

|

« 今日の溶接 | トップページ | 今日の溶接 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156331/54841315

この記事へのトラックバック一覧です: 理解しろって・・・・:

« 今日の溶接 | トップページ | 今日の溶接 »