« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

今日の溶接

今日は台車の押し手部分の溶接です。 SS材 アングル5*40、SGP25Aパイプ、t2.3円板を使います。 溶接機:Panasonic RF200 (CO2) 溶接ワイヤー:Panasonic YM50-MT φ0.9 溶接電流:120A 溶接電圧:1元だから溶接機にお任せ 1338473790923.jpg TIGみたいに美しくつかないので、CO2はあまり好きになれない。 フラックスコアードワイヤーを使えば美しいビードになるけど、細かい所をやるとフラックスを巻き込んだりと難しいです。 ソリッドワイヤーは扱いやすいけど、問題になるのはスパッターですね。 1338473802633.jpg ジェットタガネでツンツンしてあら方取るんですが、完全には除去できません。 1338473805854.jpg 残りは地道に手作業で除去します。 生地の状態ではあまりわからないが、塗装するとすごく目立つので丁寧に除去します。 性能的には問題無いけど、かっこ悪いから。 ちなみに使ってる工具はPBのチゼルで、今のところこれが1番使いやすく丈夫です。 スパッターのでないCO2溶接は業界で今1番アツイ課題じゃないですかね? うちもワイヤーを色々試したりしましたが、溶接機の性能差は歴然でした。 Panaのデジタルパルス機のデモをしてもらって、実際溶接もしてみましたが、あれならCO2溶接も好きになれると思います。 でもね、今一番気になってるあいつが買えちゃうんだな~、これが・・・。 この溶接機の話はあらためてします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理解しろって・・・・

理解しろったって何の説明も受けてないし、そもそも知らないじゃんか!

うちの工場から数百メートルの所だぜ。

瓦礫受け入れの問題以前に知らせる努力をしないのは大きな問題だね。

半田市と併せて問い合わせしなくちゃ!

-----ここから引用-----

特定被災区域からの研究開発用廃瓦等の受け入れについて①

株式会社神清は、平成23 年度震災復興技術イノベーション創出実証研究事に採択され、特定被災区域で発生した廃瓦等を、別用途に転用できる可能性ついて研究開発を行うことになりました。
この研究開発につきましては、放射能を含む危険性のあるがれきを愛知県に持ち込んでしまうのではないかという、ご懸念を持たれることもあるかといます。当社としましては、受け入れを行う場合には、下記の原則に基づい安全性を確認したうえで実施を致します。
研究開発では、おもに茨城県の廃瓦等を対象とします。そして、その廃瓦を粉砕しタイルの原料として再生できるかを調べます。その際、焼却や焼成処理はしません。なお、約1 年間の研究開発期間での予定持ち込み量は1~です。
愛知県内の皆さま、とくに近隣の皆さまには、ご理解を頂きますようお願を申し上げます。

1.持ち込む場合の基準値を確定します。
この研究開発には、(独)産業技術総合研究所中部センターと茨城県業技術センター笠間窯業指導所が参加しています。これらの研究機の指導のもと、受け入れの基準値を確定します。
2.現地で放射線測定を行い、受け入れの可否を決めます。
かならず現地で測定を実施したのちに、受け入れてよいかを判断しす。
3.測定の結果は、公開します。
受け入れの基準値や実際に測定した数値は、HP上で公開し皆さま確認して頂けるようにします。

以上、報告を申し上げます。

平成24 年4 月23 日
株式会社神清

-------ここまで--------

こんな資料おいそれと探しだせんわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

今日の溶接

運搬台車に取り付ける段ボール入れトレイです。
材質:SPHC酸洗 t1.6

まずは仮付けです。

1338386161222.jpg

溶接が上手くいくかは、ここで8割方決まりますので丁寧に行います。
内カドが合うようにしてすみ肉溶接します。

1338386164367.jpg

初期・クレータ電流 20A
アップ・ダウンスロープ 0.3sec
溶接電流 63A
立向下進溶接:強度をあまり必要としないので選択
タングステン:ランタン2.4φ 余り溶け込んで欲しくないので鋭角に研いでます。
溶接棒:ニッコー NTG-50R 1.2φ
溶接機:Panasonic 300BP4

1338386167248.jpg

強度はあまり必要で無いけど、それなりにって事で裏側にこの位出てます。
物を入れるからあまり飛び出さない様にこんな感じに溶接しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

アクロポリス DAY1

いつの間にかDAY1が終わってた。

クオリファイでトップだったペターだったが、こういう時の彼はヤバイ。

案の定、トップのヤリから14.6秒も遅れ5位となった。

ま、まぁ、この辺からじっくり追い上げる方が良いかもな~。

今年こそは勝ってはしゃぐペターを見たいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金

親が子を育て(同時に親も育てられるのだけれど)、親が年老いたら子が親を養う。

何のことは無い、昔ながらの家族のあり方に戻れば年金制度なんか必要ないのかも知れませんね。

子供の出来ない(作らないとは違う)人はどうなるんだという難しい問題はあるが。

子どもに贈る国土(2) 年金のつけを贈る >武田教授

次世代に回すツケが多すぎだよ、しっかりせい!>俺たち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

ムナーリ

馬鹿のくせして風邪ひいて苦しんでいます。

とそんなときに

Munari


わおー!

ムナーリ様、来日じゃないですか!!

ストラトス大好きなのに、実車見た事無いんだよな。

一般ピープルでも見に行けるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

農園部(その2)

Img_0231_3

イチジク

やっぱり甘いものは難しい。

収穫のタイミングがかなりシビアで、昨年まともに食べられたのは一つだけだった・・。

Img_0236_2

島バナナ

南国知多でも冬の寒さに耐えられなく、4本のうち残ったのはこの子だけでした。

完熟バナナが食べられるだろうか?

Img_0230

左側のは野菜ではありません。

雑木林から拾ってきたドングリから育ちました。

コナラかな?2種類ある様な気もするけど。

雑木林増やしたいのでもう少し育ったらどこかにゲリラで植えに行く予定。(うそ)

カブトムシ採り、炭作り、椎茸栽培と夢は膨らむ。

Img_0237
今年の仕込み。

プチトマト、カボチャ、枝豆(黒豆)、きゅうり、プリンスメロン。

プチトマトは昨年作りすぎたので、セーブしました。

枝豆は茹でた地豆(落花生)とともに、プシ!の必需品です。

キュウリとメロンは緑のカーテン作戦のため、もう少し種蒔きしなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農園部(その1)

冬の間ほったらかしだった農園にも、わずかな実りがあった。

Img_0229_4

アスパラガス

もうちょっとまとめて出てきてるとありがたい。

調味料など付けずに、茹でただけで十分うまい。

Img_0235_3


タマネギ

早生(ワセ)はまずまずだったけど中生(ナカテ)は小ぶりなモノばかりだった。

丸ごと天ぷらかカレーにぶち込むかどちらかだな。

Img_0232_3

イチゴ

甘いものは難しい。

少し酸っぱいけど十分食べられる。

甘くなるのを楽しみにしているとたいてい鳥に食べられる。

やつらはタイミングをよく心得てる。

俺が勝つか、あいつらが勝つかいつも楽しんでたりする。

取られる事自体には何も思わないが、あいつらに先を越された事についてはとても悔しい。

人類対鳥類の壮絶なバトル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

疲労

今日は一日ずっとCADにてデータ作成作業です。

しかし現場作業よりデスクワークのが百倍疲れますな。

そんなときはこれ。

リポDやオロCも良いけど、モータースポーツファンならやっぱりこれ1本いっときます!

Img_0239


ぐびぐび

いや、まて、やっぱりこっちか?

Img_0240

ぐびぐび シャキーン!

よーし、あと1時間頑張るかー!!

でもペター・ソルベルグファンとしては、こいつかな?

Eds190


売ってるの見た事無いけどな~、MAD-CROC。。

へ~、可夢偉のサポートもしてたのか?

F1と言えばあの人も今年から復帰して頑張ってるみたいだね。

あら、MAD-CROC楽天にあるじゃないの。

ここ→楽天市場

そんな事をしつつ、データ作成はいっこうに進みません。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンゾロ!

近ごろバイクと言えばこいつしか乗ってない。
たぶん 1台のバイクをこんな距離乗ったのは初めてだな~。

Img_0226

こいつってのはこれです。

Img_0227


アドレスV125G K7
結構走るよ!
昨夜は通りかかった民家の前でゾロになったので、停車してパシャパシャ撮ってたら凄く怪しまられた。
そりゃそうだ、自分でも他人が自分ちの前で写真撮ってたら不審に思うわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »